見出し

カーテン&カーテンレールで断熱&遮光対策!お掃除も楽ラク

見出し

寒い時期は窓の結露対策をしたり、暑い時期はクーラーで快適な温度になった空気を逃がさないために、窓の断熱対策をされている方も多いのでは?
カーテンやカーテンレールを使った断熱対策もできるのはご存知ですか?

カバートップで断熱効果アップ&光漏れ軽減

カーテンレール

上の写真は通常のカーテンレールです。

ファンティア_トップカバー

カーテンレールはレール上部をふさぐことで、暖房された・冷房された空気を逃がさないようにできます。

カバートップを付けることで、外部からの空気の侵入を防ぎ、室内の空気も逃がしません。
天井付ブラケットを使用すれば、天井面にピッタリ施工でき、窓も大きく見せる効果もあります。

カーテンレールのカバートップを付けることで、光漏れも軽減できます。

リターン縫製のカーテンでサイド部分も防いでしまおう

カバートップに加えて、カーテンをサイドまで覆うことで、上からも横からも断熱できます。

カーテンレールカバートップ

「リターン縫製」を施したカーテンで、両サイドからの光漏れを防ぎ、断熱効果を高めることができ、外からの視線も遮ります。

「リターン縫製」とは、通常のカーテンの左右両端を10cm程度延ばして、カーテンを巻き込むように仕上げたカーテンのことです。
カーテン両端の奥行き方向への折り返し部分を作ることによって、両サイドからの光漏れや、冷気・熱の浸入を防ぎます。
夏や冬の冷暖房費節電も期待できます。

リターン縫製や金具無しでお手軽断熱

カーテンレールリターン無し

カーテンをリターン縫製するには、オーダーカーテンでリターン部分を作ってもらう必要があり、カーテンのサイドのリターン部分を留める金具も必要になります。
でも、リターン縫製や金具の必要がない、レール部分がカーブしていて、カーテンをサイドまで覆えるRキャップ対応のカーテンレールもあるんですよ。

カーテンをサイドまで覆うことで、お部屋の暖気・冷気を逃がさない効果があります。
カーテンサイドからのすきま風の侵入も防げますし、光漏れも軽減できます。

デザイン性のあるMキャップも

レガートMキャップ

デザイン性のあるMキャップは、見た目もきれいにカーテンをサイドまで覆えます。

カバートップでお掃除もラクラク

省エネや光漏れを軽減できるだけじゃないんです。
また、カバートップを付けることでカーテンの生地上部に埃が付くのを防げます。

【カバートップ有】
カバートップ有

【カバートップ無】
カバートップ無

上から見ても、どちらが埃をはらいやすいか、一目瞭然ですね。

カバートップを付けると、カーテン上部に付きがちな埃などがカバートップの上に落ちるので、お掃除の時も、柄の長いモップなどでカバートップをなでるだけ。
カーテンを洗う必要無し!
カーテンを洗わずに、さっと埃をはらえるのはうれしいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

リフォームで窓や窓周りの気密性をあげると費用がかかることもありますが、カーテンやカーテンレールを少し工夫することでも、省エネ対策ができるんです。
お掃除も楽になるカーテンレールのカバートップ、我が家でも使ってますが、オススメですよ。

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る