見出し

仕事中営業中に事務所にペンキ塗り!におわない水性塗料ナビア

見出し

今、リスタDIYショップで大人気の「壁紙に塗れる におわないペンキ ナビア[Navia]
ナビアはパッケージのかわいらしさからご家庭で使われるというイメージがあるかもしれませんが、もちろん会社・オフィス・事務所でもご使用いただけます。

今日はオフィスでナビアを塗装施工されたお客様の事例をご紹介したいと思います。

施工前・施工後

 

オフィスafter
AFTER
オフィスbefore
BEFORE
オフィスafter
AFTER
オフィスbefore
BEFORE

ビフォーアフターの写真を見て、一目瞭然!
オフィスの壁が真っ白にとてもきれいになりました。

こちらのお客様は、なんと営業時間内に塗装の作業をされているんです。

臭わない

「使用感はとても扱いやすく伸びも良く、まったく匂いもなかったので、営業中に施工をすることができました。」

そうなんです、ナビアは水性塗料なので、有機溶剤の含有量が少なく、油性塗料のような有機溶剤の匂いがほとんどしないんです。

有機溶剤とは、ほかの物質を溶かす性質を持つ有機化合物の総称です。
身近なものでは、アルコール、シンナー、ガソリン、灯油などがあります。

オフィスでペンキ塗りだなんて、事務所を閉めてやらなければいけないのでは?と思いがちですが、なんと営業中にも施工できるくらい、ナビアはニオイが気にならないんです。

煙草のヤニには

オフィス ペンキ施工中

「築30年以上で積りにつもった煙草のヤニなどひどかったので、不安でしたが、問題なく全面白一色にすることができました。」

壁が茶色くなっていたのは、タバコのヤニが原因だったのですね。
ヤニ汚れの上にナビアを直接塗ると、時間とともに、汚れが染み出してくる可能性があります。

手あか、タバコのヤニ、クレヨンの汚れは、中性洗剤を水でうすめたもので十分にふきとるか、細かいサンドペ-パ-で事前に落としていただくと、仕上がりがよりきれいになります。
※汚れを落とす洗剤は、使用後はっ水性が残るタイプの壁紙用洗剤は使用しないでください。

タバコのヤニ汚れが著しいときは、「水性ヤニ・シミ止めシ-ラ-」を下塗りすると、汚れのニジミ出しを止めることができます。

ナビアの色

オフィス ペンキ施工中

「色はスノーホワイトで、とてもきれいな白なので清潔感のあるお部屋(事務所)にすることができました。」

今回ご使用いただいたスノーホワイトも、ナビアの中でとても人気のあるお色です。

ナビアは、RESTAがこだわり抜いて選んだ色を多数ご用意しています。
ビビットな中にも大人の落ち着きあるカラーや、ナチュラルな中にも味わいある色味を加えたカラーなど、一から調色して作り上げたRESTAのみで購入できる自信のカラーラインナップです。
色にこだわりある方におすすめです。

 

乾きが早い

「乾きも早くペンキが垂れてくる心配もなく、2度塗りも早々に出来ましたので、一日で塗り終わることができました。」

そうなんです、ナビアは乾燥も早いため、ペンキが垂れにくい商品になっています。
ペンキは、今回お客様にしていただいたように、2度塗りなどの重ね塗りで、きれいに塗装していただけます。

ペンキ塗りが初めてでも大丈夫

「初心者でもとても簡単に扱えるので、便利な商品だと思います。」

お気持ちとてもよく分かります!
「ペンキ塗りをする」というと、プロ並みの技が必要なのではと思ってしまいますよね。

でも、大丈夫です。
ナビアは伸びが良くて塗りやすく、簡単に水洗いでき、ペンキ塗りが初めての方でも、安心してお使いいただけます。

缶の処分方法

「強いて言えば、缶の処分方法が不明でしたので、スチール?アルミ?等の本体に表示があるといいなと思いました。」

残った塗料やペンキ塗装の後始末についてご説明いたしますね。

容器は、中身の塗料を使い切ってから捨ててください。
やむを得ず塗料を捨てるときは、「ペイント固化剤」で固化するか、新聞紙などに塗り広げ、完全に乾かしてから一般ゴミとして処分してください。

おわりに

今回お客様に行っていただいたように、ナビアはお仕事中にも使えるくらい、気軽にお使いいただける水性塗料です。
みなさまのオフィスにもナビアを塗って、社内の雰囲気をガラッと変えてみませんか?
会社に来ると気分がウキウキ、さぁ今日もお仕事頑張ろう!という気持ちになりますよ。

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る