見出し

Naviaペンキでかっこいいガレージ風スタジオにイエチェンDIY

見出し
撮影スタジオ after
AFTER
撮影スタジオ before
BEFORE

今回ご紹介するのはRESTA撮影スタジオのイエチェン!
以前は和風っぽさのある木目のクロスでしたが、スタジオのクールなイメージに合わせるためブルーグレーにペイントすることに。

Naviaで『インダストリアルグレー』自分だけのペンキを作る

ブルーグレー 壁紙

ペンキ担当のスタッフが『RESTAオリジナルペンキNavia』のアビスブルーとダークグレーを調色し、『インダストリアルグレー』の完成!
スタジオ奥のアクセントウォールはブルーグレーに調色してペイントしました。

オシャレなガレージの雰囲気にぴったりな、理想のブルーグレー色の壁になりました。
木目の窓枠もオシャレな感じに変わり、しっくりと落ち着きました。

壁紙の上から塗れる水性塗料Naviaは、とっても塗りやすくペンキ特有のニオイもほとんどしないのでDIYに最適!
調色して自分だけのオリジナルカラーを作ることもできますよ。

トイレのドアをインダストリアルスタイルに

撮影スタジオ ドア

トイレのドアを真っ黒に変えてインダストリアルなアクセントに!

以前のトイレドアは、事務所によくある木目のドア枠とシルバーのドア本体でパッとしない感じでした。
スタジオ入り口ドア同様、床と壁のダークな色合いの中でアクセントになるようカッティング用シートで黒いドアにリメイク!

カッティング用シートとは、様々な柄をプリントした塩化ビニル樹脂製のフィルムの裏面に粘着剤を塗布した物で、裏の剥離紙を剥がして貼り付けます。
耐久性も抜群で、近年では家庭でのDIYに欠かせないアイテムとして浸透してきています。

仕上げに、ステンシルを施してインダストリアルな雰囲気にぴったりのドアになりました。

ダークな色合いの床で引き締め効果

木目調フロアスタイル 濃い

撮影スタジオとして使う場所なので、以前は明るいホワイト系木目の床でした。
壁と建具を黒とグレーに変えたことで白い床がモヤッと浮いた印象になってしまい、思い切って濃いめの木目調フロアタイルをチョイス!
はっきりした木目とヴィンテージ感のある色合いが壁のグレーによく合い、引き締まった空間となりました。

 

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

  • 参考になった (1)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る