見出し

プロに頼まなくてもOK 丁寧な準備で見違える玄関フロア・框をDIY

見出し
玄関上がり框after
AFTER
玄関上がり框before
BEFORE

ニックネーム

Chikashi-papa

リフォーム場所

玄関・廊下の床

ご使用頂いた商品

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

経験

1年~2年

DIYをしようと思ったきっかけ

築30年の我が家。
玄関のフロアーが、砂埃などで塗装もはがれ汚れてきました。
何とかしたいと思い、馴染みのリフォーム屋さんにお願いしようかと考えましたが、昨年、トイレや脱衣場の壁をリフォームした経験を踏まえて、今回も自分で貼ってみることにしました。

プロのホームセンターなどに何度も行って、いろいろ調べたりしました。
なかなかこれといったフロア材が見つからなかったのですが、ネットで検索し、リスタ[RESTA]さんのホームページで、Panasonic NEW WPBリフォームフロアーを見つけました。
見本を取り寄せたところ気に入り、施工ができそうなので実行に移すことにしました。

DIYをやってみての感想

最初に、上がり框(かまち)を貼りました。
元の框の幅に合わせ、カッターナイフでスジを入れ、折ると簡単に切断できました。
かんなできれいに削って、プロのホームセンターですすめられた接着剤で貼りました。
この作業がうまくできたので、後は比較的楽でした。

床材を並べ、基準を決めました。
上がり框に合わせ貼っていきました。
玄関や廊下の凹凸部分に合わせ、カッターやミニパネルソーで加工、仕上げは、金工やすりで仕上げました。

この作業はとても時間がかかりましたが、正確に仕上がったときは満足感でいっぱいでした。
要領がわかってからは、作業は比較的スムーズで、行き詰まったときは、時間をおいて作業をしました。
時間をかけて丁寧にやっていけば仕上がりはきれいになりました。

DIYにかかった費用

合計 36,650円

内訳 リフォームフロア:10,350円×2=20,700円
   リフォームフロア框:10,600円
   接着剤:850円
   両面テープ(50mm幅15m):750円×6

DIYにかかった時間(期間)

3日間で5時間

お部屋の仕上がりについての感想

時間をかけたかいあって、非常に仕上がりはよかったと思います。
特に壁際の凹凸に合わせ加工を丁寧にしたので、ほとんどすき間もできず、満足しています。
元のフロアの色と違う仕上がりになったのも、違った玄関・廊下のイメージアップになったと思います。
次は、台所のフロアを完成させたいと思っています。

お部屋の仕上がりについての満足度

90%

RESTAスタッフコメント

一見難しそうな玄関フロアや框のDIYですが、とても素晴らしい仕上がりです。
施工はもちろん、下調べや準備を丁寧にされた結果だと思います。

サンプルをお取り寄せいただきますと、商品のイメージがつかめたり、質感などをご確認いただけます。
※一部サンプルのない商品もございます。どうぞご了承下さい。

リスタ[RESTA]では、ご購入後もお客様に安心してDIYを行っていただけるよう、ご購入前・ご購入後ともに、どんな些細なご質問も、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にて、お客様をサポート致します。
分からないことがあれば、どんな些細なことでもご遠慮なくご相談下さい。

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る