見出し

DIYでドアとドア枠をかっこいいブラック色に大変身!イエチェン

見出し
スタジオドア after
AFTER
スタジオドア before
BEFORE

1Fスタジオからエントランス兼階段スペースへとつながるドア。
一見よくある無難な色合いの木目調ドアですが、これが結構やっかいな木目なんです。

スタジオの内装を考える際、良いプランを思いついても「ドアの木目と合ってる?」と迷いが生じてしまうんです。
ならば、理想の黒いドアに変えてしまおうということで、塗装ではなくカッティング用シートを貼ることにしました。

カッティング用シートとは?

カッティング用シートとは、様々な柄をプリントした塩化ビニル樹脂製のフィルムの裏面に粘着剤を塗布したもので、裏の剥離紙を剥がして貼り付けることができます。

鉄のイメージ 黒マットなカッティング用シート

今回ドアのリメイクに使用したのは、様々な粘着剤付き塩化ビニル製シートの中でも代表的な3Mダイノックフィルム
自由に多様な素材に貼ることができます。

かっこいいガレージにあるような、鉄のドアをイメージして黒いマットな質感のシートを選びました。

カッティング用シートの貼り方

貼り方はコツをつかめばとっても簡単!
まず、使う大きさにカットし、貼り付ける場所にプライマーで下地処理をします。

プライマーとは、吸い込みがない下地で、塗りムラが出やすいシートを貼るときに最適です。

空気が入らないようにそーっと貼り進め、スキージーを使って入った空気を抜きながら圧着すれば完了。
R面や細かい形にも対応できるので小物から大きな家具まで様々なものをリメイクできますよ!

完成

ガレージっぽくスタジオ感を出せました。
壁に貼った無垢板もより引き立てられ、スタイリッシュな空間になり大満足です!

DIYにかかった時間

約3時間
短時間で、ドアの雰囲気をガラッと変えることができるのは、うれしい。
忙しい方でも、気軽にDIYできますね。

カッティング用シートの便利な使い方

カッティング用シートはなんでもリメイクできちゃう優れモノなんです。
建具や家具、小物のリメイクなど、様々な用途で使えます。
ドアや家具のイメチェンにも気軽に使えます。

裏側に粘着剤が塗られているので、貼り付けるだけで手軽に印象を変えられます!
例えば文房具やスマートフォンに貼って自分だけのオリジナルデザインにしたり、机やテーブルの天板に貼って部屋のイメージに合わせたり、テレビボードや食器棚などを市販ではなかなか見つからない好みの色柄に変えて個性を出したりと、思いのままに貼って、自分だけのオリジナルをDIYで作ることができます。

カッティング用シートは簡単&安価

「テーブルの木目の色合いを変えたいなぁ」
「部屋の家具の色を統一したいけど買い直すのはちょっと...」
など迷ったらぜひカッティング用シートを試してみましょう!
家具を買い替えたり、リフォームするよりも、安価でできるのがうれしいですね。

 

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る