見出し

DIYで壁紙の上から塗れる!ナビア[Navia]で壁紙クロスをリフレッシュ

見出し

壁 クロス

今年も残すところ、あと1ヵ月を切りました。
年末になると、お掃除しなきゃという気持ちになって、今まで気づかなかった場所の汚れが気になったりもしますよね。

壁紙クロスのお掃除

多くの人が年末のお掃除に本腰を入れられているのが、壁の汚れ。
生活しててついた手垢や子供さんが描いた落書きなど。

普段から気になっていたけど、この機会に壁紙の汚れをなんとかキレイにしたい!という方に朗報です。

カンタンに壁紙クロスを新品のように

壁紙を剥がさずに、壁紙を貼り替えずに、お掃除もせずに、壁をきれいにしてみませんか?

「えー!そんな簡単な方法あるの?」

あるんです!!

壁紙にペンキ(水性塗料)を塗る

その方法とは、「壁紙にペンキ(水性塗料)を塗る」という方法です。

でも、注意してください。
普通のペンキを使っちゃだめですよ。

でも、どんなペンキでも良いわけではありません。
壁紙の上から塗れるタイプではないペンキを塗ってしまうと、ペンキは乾いているんだけど、壁がベタベタするという状態が起こる場合があります。

壁がベタベタに

壁がベタベタとはどういう状態かというと、
・手のひらを壁につけると、手がくっつく
・ベタベタがゴミや埃などを引き寄せる

これは、リスタのスタッフK君の実体験になりますが、過去に何も知らずにペンキを壁紙に塗ってしまったそう。

それから6年以上経ちますが、まだお家の壁紙はベタベタを保っているそうです。
当時はペンキについての知識もなかったためこんなことに・・。

壁をきれいにするつもりが、ゴミや埃を付きやすくしてしまうなんて!
しかもベタベタするなんて、考えただけでもぞーっとしちゃいますよね。

ベタベタ壁を作ってしまう原因

壁がベタベタになってしまうのは、ペンキを塗って塗装することで、可塑剤が塗料へ染み出してくる、「可塑剤の移行」によって起こる現象です。
可塑剤とは、材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のことです。

少し難しいので簡単にお話しますね。

塩化ビニルの壁紙などは、少し弾力性がありますよね。
それは、壁紙にこの可塑剤が含まれているからなんです。

ペンキを塗ることによって、この可塑剤が塗料と混ざって、だいたい半年から2年くらいかけて可塑剤が塗料へ染み出してきて、ベタベタの原因を作るのです。

壁紙に塗れる水性塗料 ナビア[Navia]

ナビア[Navia]

「じゃあ、どんなペンキを使ったらいいの?」
ご安心下さい、良い水性塗料があります。

今回、壁をきれいにするのに使うのは、『壁紙に塗れる水性塗料 ナビア[Navia]』です。

この塗料は、壁紙の上からかんたんに塗ることができるので、壁紙を貼り替えるよりも簡単に壁をきれいにすることができます。
壁紙を剥がして、壁を採寸して、必要な面積の壁紙を買って、柄合わせしながら「うまく貼れるかな?」と祈りながら壁紙貼りをするよりも、カンタン!

今の壁紙のデコボコ凸凹した模様は気に入っているけど、汚れや色が気に入らないという方にもオススメです。
ナビア[Navia]は、クロスの模様は残しつつ、色だけ変えるということもできる、優れものです。

ナビア[Navia]とは

壁 クロス

「安心・安全な塗料で小さなお子様やペットのいるお家にも最適」
「伸びがよくて塗りやすい」
「水性なので、手についてしまったペンキも簡単に水洗いできる」

なんて便利な水性塗料なんでしょう。
もっとナビア[Navia]の素敵で便利な使い方をご紹介したいのですが、長くなってしまうので、また一つずつナビア[Navia]の良さをご紹介していきたいと思います。

ナビア[Navia]を使って年末年始をすっきりした気持ちで迎えませんか。

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る