見出し

チョークボードペイントで流行りのサブウェイスタイルにイエチェン

見出し

ミーティングルーム

今回は、最近日本でも人気のNYの地下鉄を思わせるサブウェイスタイルをご紹介します!

時にはランチ、時にはミーティングとスタッフが集まることの多いRESTAの会議室。
Beforeのブルー壁も素敵でしたが、今回スタジオリニューアルに伴い、会議室の内装も一新することに。
以前の会議室ミーティングルームはこちら

ミーティングルームをサブウェイスタイルに

モノトーンをベースにしたスタジオの雰囲気に合わせて、サブウェイスタイル風壁紙を採用しました。

サブウェイタイルとは、ニューヨークの地下鉄に使われているタイルのこと。
海外では人気があり、キッチンや洗面スペースなどで多く取り入れられているそうです。
本物のタイルを施工するのは大変ですが、壁紙なら気軽に取り入れられるので憧れのニューヨークスタイルが簡単に表現できますよ!

RESTAの生のり付き壁紙

クロス貼り

RESTAの生のり付き壁紙は、糊付け工場で糊付け加工を行い、糊が乾かないように裏面にフィルムやテープを貼り、ビニール・段ボールで梱包し、お客様にお届けしています。

黒板になる塗料 チョークボードペイント

そして、サブウェイタイル風壁紙とも相性の良い「黒板になる塗料」を大胆にペイント!
下から90cmほどのところに見切り材でラインを入れ、下部はサブウェイタイル風クロス、上部はチョークボードペイントをDIYしました。

チョークボードペイントは、塗るだけで黒板になるという便利なペンキです。
思いのまま大胆にチョークで描くとまた一味違った空間を作れます。

ミーティングルーム内部

完成

空間が引き締まってスタイリッシュなモノトーンインテリアの完成!暗くなりすぎず、床やドア枠、見切り材の木目とも相性GOOD!

チョークボードペイント

RESTAの新人Aちゃんの大作、テーマは『RESTAジャングル』
素敵なアート作品が加わり、よりいっそうインテリアがオシャレになりました!
チョークボードに描いた絵や文字は消してまた書けるので季節やイベントに合わせてイメージを変えるのもOK。
インテリアの雰囲気に合わせたり、ステンシル風に文字を書いたり、いろいろ楽しめますよ!

 

その他オススメの生のり付き壁紙

便利なチョークボードペイントからヴィンテージワックスまで充実のラインナップ

  • 参考になった (2)
  • やってみたい (1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る