壁紙5種類でオリジナルディスプレイラックをDIY!

after
AFTER
after
AFTER
after
AFTER
before
BEFORE
before
BEFORE

応募ネーム

My-s

DIYされた場所や物(壁や床、椅子など)

ディスプレイラック

DIYに使用した商品(メーカー名・商品名・品番)

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

DIYのご経験

3年~5年

DIYしようと思ったきっかけ

お店では買えない、DIYでしか創れないようなディスプレイラックを目指して制作しました。

DIYという言葉には、プロではない素人が作る≒プロには及ばない、という意味が暗に含まれているような気がしますが、発想次第ではプロとは違う価値や面白さを出せると思い、今回の製作に取り掛かりました。

製作した棚は、一般的な棚には見られないような複雑な形状で、多様な素材を使用していますが、熟練の加工技術は必要としないデザインにしています。
ただ、手間暇がかかり、採算を考えるとプロの方はこういうものは作らないので、DIYならではの棚が作れると考えました。

DIYをやってみての感想

凹凸や多層を織り交ぜた複雑なデザインとしましたが、高度な加工技術を使わずに製作できるよう設計にはかなりの時間をかけました。
また、多様な素材を使用しているため、素材集めにも時間を要し、設計から制作開始までに3ヶ月もの時間を要しました。

Restaさんからは、表面装飾に使用した5種類の壁紙を購入させていただきました。
製作は自宅でもできる簡単な作業ですが、形状が複雑な分手間暇はかかり、制作着手から写真の状態までに約3ヶ月を要しました。

多大な時間がかかりましたが、形が徐々に出来上がってくると早く完成させたいという意欲が湧いてきてどんどん製作が進み、振り返ってみるとアッと言う間でした。
時間をかけた分、出来上った時の喜びも大きかったです。

※大きさは変わりませんが、ここから更に手を加える予定です。

DIYにかかった費用

木材:15,000円
アクリル:17,000円
装飾シート、紙:50,000円
工具、接着剤:5,000円

DIYにかかった時間(期間)

設計と部材手配に3ヶ月、製作に3ヶ月(平日夜と休日)

お部屋の仕上がりについての感想

自作家具に囲まれた部屋作りをコンセプトに掲げているので、部屋の印象を左右する家具を製作することができて満足しています。

眺める角度や時間帯を変えたり、季節毎にディスプレイを変えて色々な楽しみ方ができるのもこの棚の醍醐味だと思っています。
部屋全体の模様替えは、お金も労力もかかりますが、棚のディスプレイであれば比較的簡単に変えることができますし、壁面棚はインパクトが大きいので棚全体のディスプレイを変えることで部屋の雰囲気を変えることができると思っています。

※3枚目の写真のキャビネットと天井照明もDIY作品です。

お部屋の仕上がりについての満足度

80%

スタッフコメント

この度は、RESTA DIY SHOPでのお買い上げとイエチェンへのご投稿ありがとうございます。

いつも素敵なDIYをお送りいただき、ありがとうございます。
お送りいただいた内容から、作品に対する綿密な事前準備をしっかりされていることと、DIYを楽しみながら作業されているご様子、完成後も愛着を持って作品を大切にされているご様子などが、目に見えるように伝わってまいります。

またのイエチェンへのご投稿をお待ちしております。

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (3)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。