見出し

ホワイトオーク柄フロアで明るいキッチンに 満足度100%のDIY

見出し
キッチン after
AFTER
キッチン before
BEFORE

ニックネーム

Chikashi-papa

リフォーム場所

キッチン

ご使用頂いた商品

使用した品番は、商品検索でチェック!
※商品が表示されない場合は、旧品番又は廃盤の可能性があります。

経験

1年~2年

DIYをしようと思ったきっかけ

昨年から馴染みのリフォーム屋さんに色々ノウハウを教えてもらい、自分で脱衣場・トイレの壁を耐水性のボードに張り替えたり、部屋のクロスを張り替えたりしてきました。
我が家も築30年が経ち、キッチンの床も塗装がはがれ、だいぶ汚くなってきました。
しかし、床材を張り替えるのは、ちょっとおっくうな気がしていたのですが、リスタのサイトで、床材を見つけ、見本を送っていただき、気に入りました。
1か月前、玄関と廊下の張替を行ってうまくできましたので、今回は、キッチンの床貼りをやってみようと思い立ちました。

DIYをやってみての感想

キッチンの床貼りで一番大変だったのは、食器棚などの収納家具の移動です。
一つを移動して置いて、床貼りをし、元に戻しては、次を貼るという要領で、めいっぱい働いて3日かかりました。

実際に大変だったのは、コーナーの凹凸に合わせ、床材を加工することで、かなりの時間を要しました。
ミニパネルソーとカッターで切った後、細部を金工やすりで仕上げる。
すき間なくきちっとはまると、とても達成感がわきます。

次に大変だったのは、床下収納庫のふたの貼り付けです。
面倒でしたが、エッジを外して貼りなおすことにしました。
使われていたボルトナットなどはさびて古くなっていたので、すべて、ステンレス製の物に取り換えました。

仕上がっていくたびに、満たされた気分になってきましたが、やはり最後は隅の部分をすき間なく仕上げるのが大変でした。
そして、最後に移動した収納家具をもとに戻して完成です!

DIYにかかった費用

総費用:54,512円
(内訳)
 Panasonic NEW WPBリフォームフロアーKEBT1V1WY 4箱 : 11,178円×4=44,712円
 両面テープ (50幅15m)12巻き :750円×12=9,000円
 床下収納庫のねじ、ボルト・ナットなど :800円

DIYにかかった時間(期間)

毎日8時間で3日間で完成

お部屋の仕上がりについての感想

キッチンは、我が家では最も暗い部屋で、かなり床も汚れていました。
明るい部屋にしたいと思い、白っぽい床を選択したのですが正解でした。
部屋が広く感じられ、数年前リフォームしたシステムキッチンによく合いとても満足しています。

お部屋の仕上がりについての満足度

100%

  • 参考になった (0)
  • やってみたい (0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DIY オンラインショップ
DIY事例集キャンペーン

トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップへ戻る